メニュー

がんリスクチェッカー (DEMECAL)

■がんリスクチェッカー:費用11000円(税別)

腫瘍マーカー「p53抗体」とは?

「p53抗体」は2007年11月に厚生労働省において乳がん、大腸がん、食道がんの診断に保険適用が認められた新しい腫瘍マーカーです。「p53抗体」は、がんを抑制している遺伝子の変異に対して、体内で作られる抗体の量を測定するもので、比較的早期のがんで陽性になる特徴があります。

ただしp53抗体は、臓器特異性が少ないこともあり、幅広くがんを発見できる一方、がんの場所の特定が難しいため陽性時は全身のスクリーニングが必要です。

「p53抗体」の保険適応は、残念ならが、乳がん、大腸がん、食道がんの3つの癌にしかありませんが、当院では、すべての癌のリスク評価に有用と考えています。また、古川院長の研究では、p53抗体価と免疫栄養ケトン食療法には相関があり、ケトン食の成功の鍵は、p53抗体価が正常であることが求められています。がん患者さんで、ケトン食療法を行う場合には、まず、がんリスクチェッカーを利用して、p53抗体価の確認を行って下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME