メニュー

ビタミン注射

ビタミンB12注射(筋肉注射)

ビタミンB12は、神経および血液細胞を健康に保ち、全細胞の遺伝物質であるDNAの生成を助ける栄養素です。また、疲労や体力低下を引き起こす貧血の一種である巨赤芽球性貧血の予防にも役立ちます。

ビタミンB12は2つの段階を経て食品から体内に吸収されます。まず、胃酸が食品中のビタミンB12をタンパク質から切り離し、その後、胃の中で産生された内因子と呼ばれるタンパク質とビタミンB12が結合し、体内に吸収されます。すなわち、内因子を作れない疾患である悪性貧血の人は、全ての食品やサプリメントからビタミンB12を吸収することが困難になります。

効能効果

ビタミンB12欠乏症の予防及び治療

ビタミンB12の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦など)

  • 巨赤芽球性貧血
  • 悪性貧血に伴う神経障害
  • 吸収不全症候群(スプルーなど)

下記疾患のうち、ビタミンB12の欠乏または代謝障害が関与すると推定される場合

  • 栄養性及び妊娠性貧血
  • 胃切除後の貧血
  • 肝障害に伴う貧血
  • 放射線による白血球減少症
  • 神経痛
  • 末梢神経炎、末梢神経麻痺
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME