メニュー

院内設備

医療機器について

電子カルテ TOSMEC Aventy™ 3.0


●直感的な操作性とこれをアシストする豊富な支援機能により迅速かつ安全な診療をサポートします。
●ファイリング機能で院内の様々なデータを一元管理。「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」で認証された画像ビュワーで、より的確な診断が行えるようになりました。
●タブレット端末で院内と同じようにカルテを参照できるため在宅医療の質を高めます。また、ペン入力もできるためキーボード操作が苦手な方でも安心です。
●見やすい画面と分かりやすい入力操作を実現。多彩な機能で複雑な会計業務をサポートします。

 

富士画像診断ワークステーション C@RNACORE

C@RNACOREは、各種モダリティと連携しながら、レントゲン画像をはじめとするさまざまな検査情報に対して一元管理、画像処理などを行い、閲覧を可能にするクリニック向け画像診断ワークステーションです。また、ASSISTA +STORAGEは、C@RNACOREが扱う大量の検査情報について、クラウドによる保管を行うことで、情報管理の安全性を高めながら、院内外のモバイル端末などからもアクセスができます。
2つのシステムの相乗効果により、クリニックのIT化をさらに促進し、診療の質・サービスの向上に貢献します。

CR(富士フィルム、FCR-PRIMA)

撮影後、カセッテを読取機に差し込むだけで、画像が自動でモニタに表示されるオート・ビューモードを採用。
患者登録や検査実施などの操作はもちろん、撮影ポジショニングガイダンス表示によって、撮影指示もひとつの画面で行えます。
患者さんに説明したい部位の拡大表示や、診断目的に応じた画像処理が、ボタン1つで行えます。
濃度・コントラストはコンピュータが自動調整し、低線量撮影時のノイズも抑制処理。失敗の少ない安定した高画質をご提供します。

DIP 骨塩定量測定 ―骨粗鬆症の検査を簡便に

近年、医療機関で着実に進んでいるDR化。富士フイルムはDR直結による骨塩定量測定を可能にしました。DRで撮影した高精細なデジタル診断画像を、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」で処理することにより、ダイレクトに骨塩量を計測して、検査結果を得ることが期待できます。
カセッテDRには、X線信号を効率的に変換する、富士フイルムの独自技術「ISS方式」を採用。骨塩定量測定においては従来の1/2のX線量で撮影でき、患者さんに優しい検査を実現しました。

エコー(腹部、頸動脈)FUJIFILM 超音波画像診断装 FCX-1(導入予定)

富士フイルムのPoint of care最上位機種であるX-Porte用プローブと互換性を持ち,さらに幅広い診断領域に対応。従来機から定評のあった画像描出力や,直感的な操作を可能にするユーザーインターフェイスも強化,モバイル超音波診断の最前線を支えます。

内視鏡レポート機能(JED TypeIVに対応)

基本情報/診断処置の各項目をクリック・選択して簡易に入力が可能なレポート形式です。紙でのレポート出力と併せて、医師会提出用データとしてJED指定のCSV形式で出力が可能です。

オリンパス 経鼻用ビデオスコープGIF-XP290N導入予定。

経鼻挿入も可能な超細経の上部消化管汎用ビデオスコープGIF-XP290Nは、先端部外径5.4mmという細さながら、高画質な画像を提供。内視鏡ビデオスコープシステムの最上位機種に使用の上部消化管汎用ビデオスコープです。
先端部外径は5.4mm。経口だけでなく、患者様への負担が少ない経鼻挿入を可能にする極細径スコープです。先端側のやわらかさを維持しつつ、手元側に適度なコシを持たせ挿入性をサポートするデザイン。超小型CCDの採用によって、極細径ながら高画質化を実現しました。特に、 近接観察時には従来のハイビジョン対応スコープに迫る高精細な画像を 提供します。 通常光、NBI、近接観察時(NBI)がでます。140°の視野角で、アングルを利かせにくい部位でも広範囲の観察が容易です。

1台の機器でマルチ項目の測定が可能 アフィニオン2

アフィニオン2は、 HbA1c、リピッドパネル、ACR、およびCRPの定量測定が、血液1滴で迅速かつ簡便に実施出来ます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME